FC2ブログ

野菜の安心・安全の基準?!美味しさの基準について NO.2

日ごとに寒くなり、冬へまっしぐらと言う感じですね?
皆様は、風邪などひかれていませんでしょうか??

さて、先週のこのブログタイトルの終わりは・・・・・

知らず知らずのうちに、このような危険な水を飲み、野菜を食べているのです。

どうして、このような事になるのでしょうか?


でした。

答えは・・・・・

色の濃い野菜ほど、栄養価が高いように感じる。
色の濃い野菜が、新鮮に見える。
形の良い野菜が、美味しく見える。

だからです。

前回でもふれたように、野菜を濃い色にしている原因は
化学肥料過多である。いわば、野菜からのSOSです。
それを、逆に栄養が有りそう!新鮮そう!と思いこみ
買ってしまうのです。そして、本当に必要な栄養分だけを摂取した
健康な野菜たちは、栄養が無さそう。という見た目だけでお店に
取り残されてしまうのです。

いつも取り残されている健康な野菜は売れない!と言う事になると
お店屋さんも、その農家で出来る野菜は仕入れなくなります。
買ってもらえないと、農家さんは事業として成り立ちません。
だから、濃い色の野菜を作るようになるのです。


また、現在の食生活では珍しくありませんが、一年中食べれる便利さ。

せっかく四季がある自然環境に恵まれたこの国に生まれながら
私たちは、『旬のもの』を忘れてしまっている。

果物の「苺」は、春になれば花を咲かせ、蜜蜂たちが蜜を吸いにやって来る。
その蜜蜂たちが、蜜のお礼に受粉を手伝う。
そして、甘くおいしい苺(実)がなる。

子供の頃、自然に目にしていた光景である。

しかし現在、苺はどの季節にもスーパーに行けば手に入る。
高級な果物屋でもなく、珍しい食材を扱っているお店でもない。
毎日の夕飯のおかずを買いに行くスーパーで容易に手に入る。
こんな便利さが、食材の季節感を消してしまっている。

自然で出来るはずがない。人工的につくられているのである。


苺を一例にしましたが、野菜もしかり。
旬のものを、旬の時期に美味しく頂くからこそ、食で季節を感じ
来年を楽しみに出来るのではないでしょうか?

弊社の事業の一つに、社会貢献事業があります。
もともとは、自然栽培で安全で美味しい野菜作りをしている農家さんを
支援する目的で立ち上げた柱です。

右も左もわからない農業について調べていくうちに、現在の日本の農業を
変えなければ、安全で美味しい野菜にはたどり着けない事がわかった。

まずは、見た目に囚われる事無く旬な野菜を旬に食べると言う事から始めよう。
スポンサーサイト



category
たべて実ん菜

Comment

Trackback

http://tamjapan.blog133.fc2.com/tb.php/29-c2bef9e6