FC2ブログ

こっそり教えてもらう、株式投資

先日のブログで、今年の干支(辛卯:かのとう う)についてお話しさせてもらいましたが
干支にちなんだ相場格言と言うのがあるそうです。
ちなみに、辛卯の今年の格言は『辛抱する木にカネが成る!』ということです。

さらに、辛には下克上(上に向かって攻める)という意味合いがあります。
暗殺、革命などが起こりやすいのです。辛亥革命、辛酉革命などが良く知られています。
小が大を飲み込むM&Aが話題になるでしょう。

日本の株式市場は昨年より上場企業の7割がPBR1倍以下という異常な状態になっています。
PBRは、プライス・ブックバリュー・レシオの略で、『株価純資産倍率』のことです。
株価を1株当たりの純資産(BPS=会社の理論上の解散価値)で割った数値で
企業価値に見合った株価かどうかを判断する時に役に立ちます。

株価純資産倍率が高いほど、企業が保有している資産(現預金・土地・株など)を大きく超えて
過大に評価された株価になっているという事になります。

では?現在の国内株式市場での状況は・・・・・??

そうです!殆どの上場企業の株価は、会社が保有する資産(現預金・土地・株など)の
価値以下という事になります。つまり、割安に放置されている状態です。

企業の株価のPBRは、本当の資産を把握して計算しなければなりません。
それは目に見えるものに限らず、将来性・表に出ていない借金・株主構成の変化
などにも注意して考慮する必要があります。

株価が大幅に安くなり、会社の解散価値よりも低くなれば(PBR1倍以下)、
『そろそろ底値が近いんだな。それじゃあ、そろそろ買い始めようかな』
のような感覚で付き合えば良いと思います。

ただし・・・・・

アメリカの機関投資家は
「解散価値を株価が下回っているのに、なぜM&Aが起こらないのか」と言っている人も多くいます。
これ以上の情報を時間をかけて調べているうちに買い時期を逃してしまう事もありますし
逆に、何も調査をせず ただ、割安。買い得といった感覚で株式投資するのも危険です。

PBRや株価に囚われない、投資方法が有ったなら・・・・・・・


それは、ぜひ16日に会場で・・・・・
スポンサーサイト



category
未分類
genre
株式・投資・マネー
theme
株式投資

Comment

Trackback

http://tamjapan.blog133.fc2.com/tb.php/56-5790c641