FC2ブログ
Entry Navigation

TAMの強み (1)

自分自身が過ごしてきた中でこの人と仕事が出来ればと思った人が何人かいた。

まず一人目は、なぜかやる気にさせてくれる人。

いつも無茶ばかり要求してくるが、なぜかその人から依頼されるといつの間にか楽しくなりその要求をこなそうと思ってくる。その結果、成果が現れ成功をおさめる状況が多々ある。

なぜだろう・・・

色々考えて見ると、ある一つの答えが出てきた。

自分の目先の利益よりも、人の幸せを優先に考え行動しているためだと思う。

彼の全ての行動が第一に人の幸せを考え、そこから何が出来るかを常に考え行動しているため、相手は「わたしもこの人のために何か出来ないか?」や「この人のために結果を出したい!!」と感じてくる。
そんな数字には表せない、人が忘れかけている「義理・人情」が彼の中に生き続けていると思う。
また、「どんな状況でも前進あるのみ」という強い意志がさらに相手に「やる気」を起こさせる。

そんな彼を見て「こんな人と一緒に仕事が出来れば楽しく幸せだな~」と思って6年・・・

今は、その願いが叶い、一緒のチームで「成功への道」をつき進んでいる。

絶対「みんなの夢」を叶えるため自分自身、突き進んでいこうと誓う!!




category
いま、何思う??

とりまく環境!

小学生のころから、幾度となく訪問した奈良公園に子供と遊びに行きました。

そこには週末観光目当ての、多くの観光バス、乗用車、団体観光旅行者
家族連れ、お土産の屋台、観光客目当ての人力車などなど
多くの人々で賑わっていました。


その中に平然と歩くシカ、群れをなすこともなく、
多くのシカが人や車の間を縫って歩いていました。

中には、道の真ん中に座り込み、居眠っているシカ、溝の中で座り込んでいるシカ。

人が、頭や背中をなでたり触っても微動だとしないシカなどもいました。 

私がシカせんべいを持つや否や、歩み寄り、頭で私のおしりや太ももをつついて
せんべいの催促するシカの多いこと。。(今の日本社会を垣間見ました)

その中でも目を引いたのが、生後6ヶ月程と思われる、子ジカ連れたシカでした。
野性の世界では母ジカが子ジカに近づく敵を威嚇し、守ろうとするのですが、
母ジカは子ジカをそっちのけで、子供たちが差し出す、シカせんべいに夢中でした。 

子ジカは子供たちに追いかけまわされ、なでまわされているのですが、
母ジカは全く素知らぬ顔。

子ジカは子ジカで、子供、人、車などの間をするすると慣れた感じて通り抜け
少し離れた母ジカに走り寄る姿を見て、考え深いものがありました。

 
とりまく環境において、人間のみならず、全ての生物の本能、意志、習慣を変えてしまうのだと実感しました。


人間は取り巻く環境を創作することができ、自分の身を投じる場所も選択できます。

サラリーマンが夢を実現できないまま一生サラリーマンでいる訳。

事業家の子供が事業家を目指し、事業を創める。

政治家の一族が政治家であり続ける理由が見え隠れしました。 

また、母ジカと子ジカの関係は、おしゃべりや携帯に夢中になり、子供のをほったらかしで
成長において重要な教えを子供に伝えない、現代の親子関係がダブりました。

世の中には、自分が多くの人から重要な存在であると認められたい欲求を持つ人がほとんど。

にもかかわらず、

自ら多くの人に認められるような環境作りに、自分の時間や能力を投じることなく、
自分を重要と認めてくれる環境やグループに属そうとする人の集まりとなっています。 

現在の日本の取り巻く社会や教育がそうさせていると、
日々、実感させられることが多きことにがっかりします。 

このままでは。。。。日本はドウナルノデショウカ? 

これでいいのか、日本人! 私たちは絶対にそんな世の中を変えてみせます!
 








category
いま、何思う??

little voice

自分の中にある『little voice』と真剣に戦って
話し合ってみた。

little voice とは皆さんもご存じでしょうが…
何か新しい事に取り組もうとする時

それは、危険だよ!

とか、

それは、無理だよ!

とか、

それは、儲からないよ!

とか、

それは、誰も見てなく気づいてくれないよ!

など(笑)


新しい道に進もうとする気持ちを阻む、自分の心の声。

私には、なかなか出てきてくれないんだけど…

普段まったく頭がからっぽな私は、この声をよくスルーする。
でも、たまには呼び出して(笑)自己分析する。

何を恐れているのか?
なぜ時間がかかるのか?
どこを怖がっているのか?
障害と思っていることは何なのか?

そして、この詩を読み返す。

愛しなさい 傷ついた事がないかのように 
踊りなさい 誰も見ていないかのように
歌いなさい 誰も聴いていないかのように
働きなさい 金が必要でないかのように

          Alfred D'Souza

(私の名前はキムサムスンでも使われていましたね?)

求めず、恥ずかしがらず

そして、今日からまた新しい自分と向き合っていく。

ある意味、自分との付き合いが、いちばん面倒だなぁ!って思う。

でも、裏を返せば、一番よくわかってるからすぐにいい方向に持って行けちゃうんだけどねぇ!!

皆さんもちゃんと『little voice』聞いてあげていますか?

category
いま、何思う??

今やる!!!

カテゴリの中に、『今何思う??』を作ったんだけど、なぜこんなの作ったのだろう?

twitter、ブログ、メール・・・言いたいことがあったら、いくらでも言える手段が出来て
便利な世の中になったように思えるが、人によってはどうなんだろう?

匿名の投稿サイトとはまた意味が違うが、発信したいこと、伝えたいことを
あなたはすぐに伝えていますか?

声をかければ、届く距離にいる人にも『ありがとう』『ごめんなさい』なかなか言えてない。

いつでも伝えられる。恥ずかしい・・・色々な言い訳を自分にしながら。

眠ければ、起きてから。起きたら、忙しいから。お昼になれば、夕方になったら
夕方になったら、また明日でもいいや!って。

約束された明日がある人なんて、誰も居やしないのに・・・・

だから、私は眠かろうが、忙しかろうが、お腹が空こうが、すぐにやると決めているだけの事。
category
いま、何思う??

苦手なことを克服してこそ・・・・

HPの大まかな骨組みの構想も出来上がった!!と喜ぶのもつかの間。

各項目を、どんどん掘り下げて具体化していく作業に入るとともに
私の苦手な、いわゆる『毎日、少しずつコツコツ』の壁にブチ当たる。

最初は苦痛だった、自分で設定した1日のノルマ

1項目ずつをクリアし、仕上げていくに連れ今度は『欲』が出てきた。


もう少し、明確に伝わるように!

とか、

もう少し、詳しく簡潔に!

とか、

とめどなく湧き出てくる欲の数々・・・・・こんなにも欲深かったのか(笑)とあきれる

そうこうしているうちに、早10日

気づけば、私はこの毎日の作業が大好きになっている

好きになってしまえば、どこまでも突っ走りつき進める

普段の業務に置き換えると

嫌いだ、嫌だ・・・したくない

と思ったら、マインドコントロールでもいい
まずは、好きになること
いや、好きだと思い込むだけでよい

あとは、日々の生活の中にその嫌なことを取り入れ習慣化
そのうち、完璧を求め始めたら・・・その仕事は、もう終わっている

そして、時間短縮のためどこかに必ずある『スイッチ』の場所を
探し、いかに早く押してしまうかだけ。

只今スイッチの場所探しに、奮闘中!!
category
いま、何思う??